岐阜県白川町
移住・交流サポートセンター

空き家バンクについての詳細

空き家バンクとは?

白川町にある空き家を資産と捉え、その有効活用と定住促進による地域活性化を図るため、空き家の賃貸・売却を志望している所有者等から申し込みを受けた物件情報を、町内への促進等を目的として空き家の利用を希望する方に紹介する制度です。

・所有している空き家等を登録する方、空き家バンクに登録された空き家を利用する方、どちらも空き家バンクへの登録が必要です。

・空き家改修補助金などの支援を受けるには、空き家バンクへの登録が必要です。

空き家バンクへの登録方法

①空き家バンク登録フォームにより仮登録

②後日、町担当者から連絡がいきます

③町よりメール又は、郵便にて空き家バンク利用登録申込書を送付します

④申込書に必要事項を記入・押印し白川町役場企画課まで提出してください

⑤申し込みいただいた方の記載内容を審査

 (登録できない場合は理由を添えて通知します)

⑥登録完了

<登録後の大まかな流れ>

空き家バンク登録物件の中で希望の物件がありましたら、

①空き家バンク希望物件利用申込書に必要事項を記入

②誓約書を添えて申し込み

サポートセンターから当該物件の詳細をお知らせすると同時に、物件提供者にも連絡を取り契約交渉のサポート(取り次ぎ)をさせていただきます。

契約締結は、当事者同士または、仲介業者(不動産取引業者)により行ってください。

☑利用登録の申込みにあたり、以下のいずれかの要件を満たしていることが必要です。

①地域の活性化に寄与し、地域住民と協調して生活できる方

②空き家に定住・又は定期的に滞在して、白川町の自然環境、生活文化等に対する理解を深め、地域住民と協調して地域活動に積極的に参加できる方

③その他、町長が適当と認めた方

①空き家バンク登録フォームにより仮登録

②後日、町担当者から連絡がいきます

③町よりメール又は、郵便にて空き家バンク利用登録申込書を送付します

④申込書に必要事項を記入・押印し白川町役場企画課まで提出してください

 (登録物件に該当するかの調査のための申告・同意書欄への署名押印もあわせてお願いします)

⑤移住・交流サポートセンターが現状調査をします。

⑥調査後、空き家バンク情報登録カードを作成し町へ提出します

⑦町から登録可否を判定し、登録完了通知を送付します

 (登録に適さないと判断したときは、不可の理由を添えて通知します)

<登録後の大まかな流れ>

登録された物件については、移住・交流サポートセンターで利用希望者へ情報提供したりホームページ等に登録情報の一部を掲載し公開するなどして、空き家利用希望者へ紹介していきます。